株と油研工業と小松ストアについて

油研工業の株かも、日々目が離せないところでしょう。油研工業では、高性能で信頼性に優れた油圧機器を提供しています。非常に品揃えは幅広いものであり、グローバル市場への展開も期待ができるものです。1956年10月に株式会社へ改組をしてから、油圧一筋で突き進んできた企業です。日本国を代表するトップの油圧専業メーカーとしても、広い視野で活躍は目覚しいものです。

産業機械の重要要素機器にもなっているのが油圧機器あり、こうした油圧システムは日本国だけにはとどまる事なく、世界のさまざまな国にも提供が行われています。日本でも海外諸国にも提供してきたことにより、社会には幅広く貢献をしてきています。この活躍はブランドを世界にも知れ渡ることとなり、厚い信頼と信用をこれまでに、築き上げることになってきたのです。

日本の不況は国内にはとどまらず、それは世界的な不況にもなっています。そのため日本だけではなく、世界においても需要構造は今までにないほどの大きな変化があります。経営環境もそれに比例して変化はあります。グループ会社との連携も大事にして、需要や消費地域に対して、それぞれに適合した商品開発体制を見直し、さらには国際分業体制なども取り入れています。

日本国内の市場だけではとどまらないで、もっと広いグローバル市場へと、拡大にも励んでいます。高品質で高性能の優秀な製品を、常にスピーディーに適正な価格で、広い産業界へと提供していく努力を怠ることがありません。

昭和21年に小松ストアは、創業者の夢と文化生活の案内人というテーマを掲げて、新しいことや新しいものを、日本の中心である東京から発信をし続けてきています。島国の日本国内のみではなく、広い世界にも視野は広がっています。それは感動や夢を与えるための、まっすぐな挑戦でもあります。