ファーストライフを目指す準備としての株

家の中に不要なものを置かない、必要な時に必要なことを行う、そうした効率的なファーストライフに憧れをもつ人は少なくありません。
しかしファーストライフを実現するにはそれなりにお金が必要であり、そして効率を追求していく際にまずその準備として行うことが検討できるのが株なのです。
ではどうしてそう言えるのか、まずその理由になるのが「株は保有し続けるだけで利益が出る」ということです。
これは株の運用法の中でもインカムゲインと呼ばれる方法で、年二回受け取ることが出来る配当を継続的に受け取る方法です。
言ってしまえば株さえ持っていれば後は何もしていなくとも手に入るお金ということになりますし、銀行の定期預金にお金を入れるよりも遥かに多い配当が出ることが普通ですから資産運用としては極めて効果的です。
加えて株は「売却による差額で利益を出すことが出来る」という性質もあります。
こちらはキャピタルゲインと呼ばれる方法になりますが、持っている株の価格が購入時よりも高いのであれば売却時の差額が全て自分の利益になります。
もちろん売却してしまうわけですからその後配当を受け取ることはできなくなりますが、売却時の価格が高いほど一度に得られる利益は大きくなります。
そのためまとまったお金が不要な時はキャピタルゲインで稼ぎ、普段はインカムゲインで生活の足しにするといった使い分けが有効です。
さて、しかし注意をしたいのは「株は自身が損失を出す場合もある」ということです。
特にインカムゲインを目当てにした運用の場合は取引のタイミングが少し違うだけで大きな損に繋がることもあります。
準備であるとはいえあせって自分の全てを失うような運用は禁物だと普段からしっかり注意しておきましょう。