株と社員と一覧について

株と投資信託の関係は、切っても切れない関係であり、株に携わる人々や会社については、おおよそ4つの分類がされます。

株を扱う投資信託の銀行などや投資家、販売会社

おいては委託者、受託者、受益者、販売会社というように、この4つの関係で、株の売買は成り立っており、同時に、
株を売ることが出来る人間というものも、その銀行や会社に勤めている社員であれば、誰もが売買を行うことが出来る、そのようなものではありません。

販売を出来る社員というのは、知識を得て、研修など、厳しい投資信託の仕組みなどを学んだ、証券外務員でなければ、販売などを行うことが出来ないため、この証券外務員以外の社員が、販売などを銀行で行った場合、または郵便局などの金融機関で行った場合には、大きな罰則が設けられています。

とても厳しい世界であり、上記のように証券外務員の資格を持っている社員は、一覧にされており、その一覧に掲載がされていない社員は、当然ですが、株の売買に携わること、お客様に株について勧め、販売を行うこと、このようなことは一切禁止されています。

そのため、金融機関に入社した新入社員は、出来るだけ早く、お客様にこのような株や投資信託を販売することが出来るように、とても厳しい証券外務員の試験を受けることになるのですが、とても難関であるとされており、1度で合格する人はほとんどいないくらいに、難しい試験であるとされています。

ごくまれに、1度だけで合格する人もいますが、そのような人は、知識がとても豊富であり、エリートの社員として、合格をすぐにすることが出来ます。

また、このような合格者と同時に、証券外務員の社員としての一覧に掲載がされている人だけが、売買を行うことの出来る権利を持っています。